さくら診療所 さくら診療所


















TOPへ戻る




さくら診療所では毎日朝昼夕と患者さんや付き添いの方、診療所職員に食事を作り提供しておりますが、どうしても調理中にでる野菜くずや、残飯などが生ゴミとして出てきます。そこで、資源の有効利用と循環をさせるため、これらの生ゴミをたい肥として利用しています。


@どうしても出てしまう野菜くずや残飯などの生ゴミ
A生ゴミの一部は生ゴミ処理機に投入されます。

生ゴミ処理機
Bよく水分を切った生ゴミを投入します。

1日に15kgまで投入が可能です。
投入後1日でほぼ完全に分解され、熟成発酵が進み投入後48時間で取り出せます。
C生ゴミ処理機の中
D熟成発酵した生ゴミを取り出します



熟成発酵した生ゴミを取り出す様子
Eその後さくら農園の畑で使われます。


さくら農園でとれたお米や野菜が、診療所の厨房で調理されます。そしてどうしても出てきてしまう生ゴミもこうしてたい肥として、またさくら農園に戻っていきます。資源の有効利用、循環型の資源利用を目指し、このような取り組みが行われております。



お問い合わせ先:TEL:0883-42-5520/e-mail:info@sakura-sakura.or.jp

Copyright(C) 2001 Sakura Medical Corporation All right resereved.