さくら診療所 さくら診療所のご紹介




















TOPへ戻る





さくら診療所では安全な食事の提供と食料自給率の増加を目指して、地産地消を推進して
います。現代において、環境や人体に影響を及ぼし続ける農薬や、依然として低いわが国の
食料自給率は未来に向けて解決すべき問題となっています。
これらの問題を解決するため第一歩を踏み出すべく、当院では医師を先頭にさくらファームや多くの方と連携しながら、さまざまな取り組みを行っています。

 
当院長自慢の無農薬野菜。忙しい診療の合間をぬって農業に励んでいます。おいしくて安全な野菜を育てる研究にも余念がありません。
 
さくら診療所で使われる野菜や米の一部は、さくらファームやその他契約農家で育てられています。これらの作物は安全で新鮮なだけでなく、梱包や運送のための余分なエネルギー(資源)を要しないので、環境にも配慮できると考えいています。
 
おいしそうな小松菜が、コンテナで納品
されました。
 
農薬を使わない野菜は、もちろん虫にも
好かれてしまいます。そのため、ものに
よっては廃棄も多くなりがち。
野菜の廃棄は、生ごみ処理機で土に返し畑や診療所の花壇で肥料として再利用
されています。
 
見た目の悪い野菜も、農家の方と大地が育てた貴重な栄養素。
調理師さんがひと手間かけて、さらにおいしくしてくれます。
リスクの大きい有機農業を広めていくためには、私たち消費者が、本当に価値ある
ものは何かを理解することが大切です。
 
 

これらの取り組みはまだまだほんの一部で、診療所で使用するすべての材料をまかなえているわけではありません。
また、病院食としては不向きな食材や使用する食材の偏りなど、解決しなければならない問題はたくさんあります。しかし、少しでも続けていくことに意味があると信じ、多くのスタッフと協力しながら毎日食事を提供しています。

お問い合わせ先:TEL:0883-42-5520/e-mail:info@sakura-sakura.or.jp

Copyright(C) 2001 Sakura Medical Corporation All right resereved.