さくら診療所 さくら診療所


















TOPへ戻る




設備 マルチスライスCT透視造影(胃・大腸)負荷心電図ホルター心電図、、 超音波(腹部,心臓,その他)内視鏡SAS検査骨塩定量各種物療機器 などの最新医療機器を導入し、 盛りだくさんの体制で診療所としては、たいへん充実した設備を備えています。
病床数 19床 (個室3、2床室2、4床室3)
外国語対応 英語
※理事長をはじめ5名のスタッフが海外生活の経験をもち、外国人に対してのケアも万全です。
駐車場台数 30
時間外受付 0883-42-5520
往診受け入れ あり (24時間受付いたします。)


マルチスライスCT1mm×16列のX線検出器を持ち、詳細に広範囲を短時間の息止めで撮影できる様になりました。また薄いスライスで撮影することで診断上必要な場合は通常の輪切り(横断面)の他に任意断面での再構成(MPR)や3D画像なども簡単に作成できます。被ばく線量についても低線量化に取り組んでおり、特に胸部CT検診では一般診療用より低線量で検査を行うことが出来ます。



レントゲン装置
当院では、通常の胃透視(バリウムを飲む検査)や注腸検査に加えて、DSA装置を使った血管造影検査ができます。 これは国公立の病院クラスにしかまだ入っていない装置で、非常にきれいな画像が得られ、微妙な構造が明らかになります。


トレッドミル負荷心電図検査
恐ろしい心筋梗塞の前触れである狭心症などの虚血性心疾患の診断に使用する心電図検査です。 従来の階段を上り下りする検査に比べて安全で楽ですので仕事をした後、胸が痛いとか苦しい感じがあるような心配な方は気軽にお受け下さい。


ホルター24時間心電図
この検査は狭心症などの虚血性心疾患に加え、不整脈の診断もできます。上記の症状に加えて胸がドキドキするとか 脈がとぶという方は気軽にお受け下さい。当日お風呂に入れない以外は仕事にも全く支障のない検査です。


超音波検査
腹部(肝臓、胆嚢、膵臓、肝臓、脾臓)、甲状腺、乳腺、心臓などの状態を直接診るのに現在では必須の検査となっている超音波検査です。 当院ではこれら全ての範囲を検査することができます。検査をご希望の方は気軽にお申し出下さい。


内視鏡検査
当院の内視鏡は最新の先が細いものですので、胃カメラ、大腸カメラとも苦痛が少ない検査となっております。直径わずか5.9mmの極細スコープによる経鼻内視鏡検査実施しています。検査を希望される方は、要予約となっている他、検査前日の食事の注意などもありますので、気軽にお申し出下さい。


睡眠時無呼吸症候群は、寝ているときに呼吸が止まり、大きないびきを繰り返す病気です。日中の眠気による交通事故、労働災害、仕事や学業の能率低下など、極めて重大な社会問題を引き起こします。
検査方法はは夜間の睡眠時にスリープテスタ(携帯型睡眠ポリグラフ)を装着し、睡眠時の口鼻フロー、気管音、胸郭運動を同時記録します。データをコンピュータにて解析・診断します。


骨塩定量検査
骨粗鬆症は骨がスカスカになり、骨折しやすくなったりするもので、40歳以降(特に閉経後)の女性に多くみられます。骨粗鬆症を診断する方法のひとつに骨塩定量検査があります。この検査で骨の密度を測定することで、自分の骨の状態を知り、今後の治療や予防の対策が立てられます。 保険では4ヶ月に1回しか認められていませんが、ご希望の方はそれ以外にも実費(2000円)で受け付けております。


リハビリ施設
120m2の広々としたリハビリ室にはレーザー治療器、大型低周波治療器、電気式針治療器(SSP)、牽引治療器、 赤外線治療器などの各種物理療法の機械があリ、頭痛、肩こり、背部痛、腰痛、膝関節痛などでお悩みの方にはおすすめです。
また当院では針灸師の橋本先生と吉田先生が針治療も行っておりますので、物理療法と組み合わせて利用していただくと効果的です。


その他

相談室
医療、健康、食事、生活など様々な面で当院スタッフがご相談に応じます。 また,当院の管理栄養士を中心として糖尿病、高血圧、高コレステロール教室などを随時開いていきますので、 気軽に参加してください。


人間ドッグ
当院では人間ドッグも受け付けております。ご自身の精密な健康チェックを希望される方はお申し込み下さい。 (なお、前日夜からの絶食など、準備説明が必要ですので人間ドッグは予約受付のみとさせていただいております。)


お問い合わせ先:TEL:0883-42-5520/e-mail:info@sakura-sakura.or.jp

Copyright(C) 2001 Sakura Medical Corporation All right resereved.